Yシャツ、スーツ、礼服、制服も当日仕上げ。しみ抜き、たたみ仕上げ、ドライクリーニングなど各種対応(町田市・横浜市・相模原市・座間市・八王子市)

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

サービス内容について

クリーニング料金が知りたいのですが
恐れ入りますが、お近くのひまわり各店にお問合せください。
また、汚れの程度や汚れの原因物質、衣料品等の素材によっては、店頭表示価格(お問い合わせの際にお伝えした価格)に加えて、追加の料金を頂戴する場合がございます。 詳しくは、実際にお品物をご持参の上、ひまわり各店の窓口にてご相談、ご確認をお願いいたします。
定休日はいつですか?
定休日はございません。
ただし、店舗によっては年末年始・ゴールデンウィーク・お盆は、お休みをさせていただいております。
染み抜きだけをしてもらいたいのですが?
申し訳ございませんが、染み抜きのみという形でのお預かりは行っておりません。
シミ抜きは、クリーニング工程の中に含まれており、全品無料にて行っております。
シミ抜きをご希望の場合には、クリーニングをご依頼の際に、シミ抜きする箇所をお申し付けください。
特殊品とはどのような衣類や品物のことですか?
当店の工場で洗えない衣類や物品を特殊品としています。
たとえば、ジュータン・カーペット・和服・和服小物・皮革・毛皮・バック・靴・羊毛布団・敷布団・ぬいぐるみ等がそれに当たります。

事故対応について

クリーニングに出した品物が、ダメになったり無くなってしまった場合の対応は、どのようになっていますか?
当店の過失により、お客様よりお預かりした品物に損傷や紛失等の事故が起きた場合には『クリーニング事故賠償基準』に沿って賠償をさせていただきます。
当店では、お客様に安心してご利用いただけるよう、社員一同、細心の注意をはらってお預かりした品物を取り扱っております。
クリーニングに出したらシミが付いてきたのですが
「浮き染み」の可能性があります。 「浮き染み」とは、古いシミや目立たないシミが、クリーニング処理などによって、にじみ出てきたシミのことです。
ドライクリーニングの場合、ドライ溶剤で洗浄し、熱を加えて乾燥させます。その過程で、繊維の奥に入り込んで表面上は目立たなくなっていたシミ汚れが、表に「にじみ出てきた」ものです。
このようなシミ汚れは、汚れてから時間が経過したものが多く、繊維の奥に入り込み、繊維自体が変色している場合が多く、取り去ることが非常に難しい汚れの一つです。 無理に二度三度と洗うと、かえって繊維を傷める結果となりますので、ご利用のひまわりにご相談ください。
なお、汚れが、「浮き染み」ではなく、当店のお預かり中に付着したことが明らかな場合には、適切に対応させていただきます。

汚れとクリーニングの知識について

受け取った衣類にかぶせてあるビニールカバーは、そのままでいいの?
お持ち帰り後は、必ずビニールカバーを外してから保管してください。
お返しする際にかぶせてあるビニールカバーは、お客様がお持ち帰りになるまでの間、品物をホコリや汚れ、傷から守るためのものです。
ビニールカバーは通気性が無いため、かぶせたまま保管すると、湿気によるカビの発生など、衣類を傷める原因になりますのでご注意ください。
なお、特殊メニューの<デラックス仕上げ>にかぶせてある「不織布カバー」の場合には、そのまま保管していただいても差し支えございません。
Yシャツとオープンシャツの違いとは?
Yシャツとは、次のようなシャツを指します。
  ・ネクタイを締める形状のシャツ
  ・右前ボタンタイプのシャツ
  ・水洗い出来るシャツ(手洗いは除く)
 なお、濃色のYシャツは、「カラーYシャツ」でお受けします。
●オープンシャツとは、次のようなシャツを指します。
  ・厚手のボタンや貝ボタン、飾りボタンが付いているシャツ
  ・素材が、綿、ポリエステル以外のシャツ
  ・水洗い出来ないシャツ
  ・手洗い表示のシャツ
ドライクリーニングって何で洗っているの?
弊社では、石油系溶剤を使用して洗っております。
●石油系溶剤の特徴は
  ・衣類の型崩れや縮み、色落ちが発生しにくい。(基本的にほとんどの衣類が洗えます)
  ・油汚れが良く落ちる。

●石油系溶剤が不向きな衣類は
  ・水溶性(汗、しょうゆ、ジュース等)の汚れが付着した衣類。
    -水溶性の汚れを落とす場合には、○○洗いでお受けいたします。
  ・飾りボタンが付いている衣類。
    -飾りボタンに変色や変形などの悪影響が出る場合があります。
    -飾りボタン等は、予め外した状態でクリーニングをご依頼ください。

衣類にはどのような汚れが付くの?
大きく分けて、「水溶性の汚れ」「油溶性の汚れ」「不溶性(固形)の汚れ」の3種類の汚れがあります。
●水溶性の汚れ
 汗、皮脂、ジュース等の汚れのことです。
 水溶性の汚れは、ドライ洗剤(ソープ)を使って汚れを洗浄します。
●油溶性の汚れ
 皮脂、化粧品、食べこぼし、機械油等の油汚れのことです。
 ドライクリーニングで、溶けだす汚れですが、水には溶けません。
●不溶性(固形)の汚れ
 スス、粘土、鉄粉、排気ガス、有機性のチリ等の汚れのことです。
 水溶性、油溶性どちらの洗浄剤でも溶けない成分です。
 不溶性の汚れが付着した衣類のクリーニングの場合には、仕上がりまで通常よりお時間をいただきます。

その他

たまってしまったハンガーはどうしたらいいの?
当店は、資源の有効活用と地球環境保全の観点から、ハンガーの再利用(医療用液剤にて消毒)をさせていただいております。
お気軽にご利用の店舗へお持ちください。

それ以外のご質問・お問い合わせ

お手数ですが下記までお電話ください。
TEL 042-793-2360
メールでのお問合せはこちら

初めての方は特別割引 店頭表示価格の50%OFF

会員登録後、出せば出す程お得!最大10,000円引き

クリーニング当日引き取りで商品数×10円券GET!

土日Yシャツ限定サービス

クリーニングのよくある質問

FC 町田ゼルビアのユニフォーム洗濯を一括請負 企業様など一括のご要望や提携のお問合せ

サービススタッフ募集

会社案内

ひまわりブログ

PAGETOP
Copyright © クリーニングショップ ひまわり All Rights Reserved.